就職や転職に有利になる簿記の資格

簿記の資格を持っていると、就職や転職にとても有利だと言われています。この場合の簿記の資格とは2級以上を持っていることが条件です。

簿記の資格を持っていると、会社の経理部はもちろん、会計事務所やコンサルティング会社、さらには会計ソフトを開発するSEやプログラマーなどにも有利だと言えるでしょう。とにかく簿記の資格を持っていて損はないということです。